+ジョブ(プラスジョブ)

人生をプラスに変えるお仕事探しの提案

転職

インターネットの普及で自宅を拠点に出来る仕事の種類が増えている

投稿日:2019年5月15日 更新日:

インターネットの普及で増えた在宅ワーク
インターネットを利用して自宅で仕事をする人が増えています。

小さい子供がいる、介護を必要とする家族がいる、副収入を得たい、空き時間を利用したいなど人によって理由はさまざまです。

収入は欲しいけれど、家庭の事情などで働きに出る時間がないなどの事情を抱えた人に人気のようです。

自宅で出来る仕事にはどんなものがあるの?

単純な事務作業にかかる時間を他のことに充てるために、データ入力や会議録などのテープ起こしなどの仕事をインターネットを通じて外部に発注する会社もあります。

3DCADのオペレーターをしていた人や英語をはじめとした外国語の翻訳業務、デザインの仕事などを在宅でしている人もいます。

必要があれば、外へ出向き外部の人と打ち合わせをすることもありますが、基本的に電話やメールで連絡することが多いようです。

一口にインターネットを利用して在宅でする仕事といっても、職種や収入が幅広いのが特徴です。

[Windows10]ペイント3Dでできること

自宅を拠点に仕事をする時に気をつけたいポイント

自宅で仕事をする場合、会社勤めをするのと違い、通勤にかかる時間や拘束時間がありません。

自宅にいる時に空いた時間を利用できるのが強みです。

仕事の内容も、特にスキルを必要としないものから、ある程度のスキルと経験を必要とするものまでさまざまです。

勤めに出るとどうしても会社に拘束される時間が出てきますが、職場が自宅なので家事や家族の世話の合間にすることができます。

ただし、労働単価としては勤めに出るより収入は少なくなりますし、収入も保証されていないので、仕事をした分だけ収入が入り、仕事をしなければ収入はゼロです。

自宅を拠点に仕事をするといっても、仕事を進めていく中で分からないことはどうしても出てきますし、トラブルが起きることもあります。

そうした時に、相手先と必要に応じて連絡を取り、きちんと連携を取らなければなりません。

在宅でやる仕事は納期があるので、それをきちんと守ることも大切です。

スキルや質のいい仕事をするだけでなく、顔が見えないからこそ、必要に応じて連絡はきちんとする、納期は守るといったことをきちんとすることも、続けていく上でとても大切なことです。

-転職

執筆者:

関連記事

志望動機をきちんと整理して分かりやすく伝えることは採用の合否を左右

志望動機をきちんと整理して明確にするのが採用されるポイント 就職活動する前に企業研究をしたり、履歴書やエントリーシートの作成をして準備を進めていきます。 志望動機は応募書類にも記載しますし、面接時でも …

就職活動に就職サイトを活用するメリットとは?

多くの人が就活に利用している就職サイト。その理由は? 多くの人が就職活動する上で就職サイトを活用しています。求人情報の検索だけでなく、就職サイトに掲載されているコラムなども就職活動する上で役立ちます。 …

女性に人気の仕事や、女性が多く活躍するのはどんな仕事かあるのでしょうか?

女性が活躍する仕事とは? 男女雇用機会均等法ができたことで、企業が求人を出す際に、性別や年齢に制限をもうける記載をすることが法律で禁じられました。 男女雇用機会均等法ができたことで、男女の別なく活躍で …

適性診断は自分はどんな仕事に適性があるかを知るためのもの

適性診断は仕事の適性を見る時に使うツールの一つ 自分がやりたい仕事、興味のある仕事に就こうと考えた時、果たしてその仕事は自分に合うのだろうか?と考えたことが、誰でも一度はあると思います。 例えば、自分 …

面接官が面接試験の時にチェックしているポイントを抑えて採用につなげよう

\書類選考や面接試験で気を付けたいポイントとは? 就職活動がいよいよ本格化し最後に通過するのが面接試験です。企業によって集団面接やグループセツション、個人面接など数度の面接を行うことがありますが、 基 …